やすぎファミリークリニック

MENU
Web予約
アロマテラピー

アレルギー科

Allergy

〒665-0886 兵庫県宝塚市山手台西3丁目2-34
0797-88-8811

Allergyアレルギー科

アレルギー科

近年、環境の変化などにより様々なアレルギー疾患が増えています。
アレルギー疾患においては単なる治療にとどまらず原因を明らかにすることも大切です。
当クリニックでは以下のアレルギー疾患の診療が可能です。小児科や内科、皮膚科、耳鼻科、眼科など複数の科を受診することなく当クリニックで完結できることが患者さんにとってのメリットであると考えます。

  • 食物アレルギー
  • 気管支喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 花粉症
  • 蕁麻疹
  • 血管性浮腫

食物アレルギー

近年、食物アレルギーの患者さんが増加しています。小児に限らず大人になってからの新たな食物アレルギーの患者さんもしばしばお見受けします。
当クリニックでは、小児の食物アレルギーに対する経口免疫療法をおこないます。

食物アレルギーの有効な治療は確立しておらず、抗アレルギー剤の服用や、除去食を行う過程で自然寛解する(自然に食べられるようになる)のを待つことが一般的です。しかし実際は、自己判断や、検査値のみにとらわれた不適切な食物除去を長期にわたり続けられているケースが多く見受けられ、成長発達への影響が心配になることがあります。
本来、食物除去は必要最小限にし、適切な時期に除去解除をすることが基本です。
当クリニックでは、食物除去後に症状がおちついた段階で、院内で食べる練習をおこなって問題がないことを確認の上で、自宅でも摂取を続ける方法で治療(経口免疫療法)をおこないます。

気管支喘息

気管支喘息とは、気管支の粘膜に慢性的に炎症が起きる結果、気管支の内腔が狭くなり、気管支が様々な刺激に対して過敏になる結果、咳や痰、呼吸困難などの症状が急に起き、繰り返す病気です。誘因・原因は様々ですが、わが国で最も多いのは、抗原となるタンパク(アレルゲン)を吸入することで気管支にアレルギー反応が生じて発症するタイプです。その他に、運動や特定の薬剤を服用することで同様の症状を引き起こすことあがり、それぞれ運動誘発喘息、アスピリン喘息と呼ばれています。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、痒みのある湿疹ができる慢性的な皮膚疾患で、良くなったり悪くなったりを繰り返します。皮膚症状が、患者さんの年齢によって変化するのも特徴的です。
アトピー性皮膚炎の原因は、まだはっきりとはわかっていませんが、遺伝的な体質に加え、食生活や環境的要因が影響して発症すると考えられています。アトピー性皮膚炎の治療には主に外用治療と内服治療がありますが、当クリニックでは適応のある方についてはアロマトリートメントを受けて頂くことも可能です。当クリニックでは資格を持ったアロマセラピストが在籍しておりますため、アロマトリートメントをご希望の方は一度院長の診察を受けて頂くようお願い致します。